もしかして更年期?更年期障害を簡単にセルフチェックする方法

多くの女性を悩ませる更年期障害。閉経を迎える40代後半から50代前半頃までを更年期と言います。閉経をむかえることにより女性ホルモンのバランスが崩れ、身体的にも精神的にも不調をきたすようになり、更年期に起こるさまざまな辛い症状を更年期障害と言います。

女性ホルモンと自律神経が深い関係にあるため、更年期障害の症状には身体的な不調だけでなくイライラや気分が沈むなどの精神的不調も起こります。更年期障害なのかもしれないと思ったら、まずはセルフチェックをしてみましょう。

更年期障害のセルフチェック項目

  • ちょっとしたことでカッとなる
  • 頭痛や肩こりがつらい
  • 憂うつな気分になることが多い
  • 手足がむくみやすくなった
  • 突然ののぼせで顔の汗がとまらない
  • 理由もなくイライラする
  • 何もする気にならない
  • 息切れや動悸がはげしい
  • 手足の冷えが気になる

以上の項目に当てはまるものがある場合は更年期障害かもしれません。

更年期障害の主な症状

更年期障害の症状として起こりやすいのがほてりやのぼせです。普段通りの生活をしているだけなのに多量の発汗をしたり、症状が強い場合には汗が滝のように流れたりすることもあります。身体の内側からあつくほてったようになるのに、手足のみが冷えるといったことも良く聞く症状です。

その他にも、動悸息切れも出やすい症状です。このような症状に悩んでいる女性で年齢が更年期に近い場合や閉経を迎えている場合は更年期障害かもしれません。

自律神経とストレス

女性ホルモンのバランスがくずれ自律神経が乱れることは先ほどもお伝えしましたが、自律神経が乱れることによりさまざまな不調が起こります。眠りが浅くなったり不眠になってしまうことも。そのために疲れがなかなか取れない、怠さや疲労感がたまるといった状態が続きます。

ストレスとも深い関係をもつ自律神経は、乱れると感情の起伏が激しくなるほか、小さなことでイライラしたり、今まではなんともなかったことに対しても我慢ができなかったり生活を共にする家族に強く当たってしまい思い悩む女性も少なくありません。自分の感情のコントロールがうまくいかないせいで自己嫌悪に陥りそんな負のサイクルが更年期障害の症状をさらに強くしてしまいます。

精神面だけでなくひどい頭痛が起こることや便秘になる場合もあります。更年期障害の症状は個人差が大きく、出る症状も重さも人それぞれ違います。自分の生活としっかり向き合い、なにか日々の生活の中で改善できることがないかを見つめなおすことも大切です。

食生活の見直しも効果的

更年期障害の症状を少しでも緩和したい場合、毎日の食生活の見直しも大切です。女性ホルモンのエストロゲン分泌量低下によりさまざまな症状が引き起こされるため、大豆食品を摂取することにより症状が緩和されると明らかになっています。

大豆食品に含まれる大豆イソフラボンにはエストロゲンと似た働きがあるため、更年期障害の症状が軽くなるのです。

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

納豆や豆乳などに含まれる大豆イソフラボンですが、大豆イソフラボンを食事から摂取しても更年期障害の症状が軽くなる場合とならない場合があり、個人差が激しくでます。その原因には「エクオール」が関係していたのです。

大豆イソフラボンは体内に入りエクオール産生菌という腸内細菌によりエクオールへと変化するもので、スーパーイソフラボンとの異名を持つほど更年期障害の改善に期待されています。

エクオールを作り出せるのは5割の日本人だけ

エクオールは更年期障害の症状緩和に期待されている物質ですが、体内でエクオールを作り出せるのは日本人の5割しかいないといわれています。作り出せる人と作り出せない人の違いは、体内にエクオール産生菌という腸内細菌が存在しているかどうかです。大豆イソフラボンは体内にはいり、エクオール産生菌と反応することでエクオールを生成します。そのため、エクオール産生菌が存在していないと、エクオールを作り出すことができないのです。

体内にエクオール産生菌が存在するかどうかは幼少期の食生活により決まるとされており、自らエクオール産生菌を持つ体質にすることはできないと考えられています。自分の体内にエクオール産生菌が存在するかどうかはエクオール検査で簡単に調べることができます。

検査の結果エクオール産生菌が存在しない場合でも、エクオールサプリメントを利用すれば大豆イソフラボンからではなく直接エクオールを摂取することができます。たとえエクオール産生菌がいる人でも、毎日の食事に必ず大豆食品を取り入れるのは難しい場合もあります。手軽にエクオールを摂取できるとして、更年期障害に悩む女性の間でエクオールサプリメントは話題を集めています。

エクオールサプリメントのなかには「ラクトビオン酸」を配合したサプリメントも販売されており、更年期障害の症状に悩まされているのなら一度試してみてはいかがでしょうか。

Top