更年期障害の原因と症状を教えます。

更年期になり、多くの女性を悩ませる更年期障害。身体面の不調だけでなく精神的にもつらい時期となります。更年期障害になりたくない、つらい時期をできる限り短くしたいと考えている方は、まずは更年期障害の仕組みをしっかりと理解しましょう。

更年期障害になる原因とは

更年期とは女性が閉経を迎える前後の40代後半から50代前半頃の時期を言います。更年期には日々の生活がつらくなるほどの身体症状・精神的不調が続き、更年期障害と呼ばれています。

更年期障害の原因は女性ホルモンの変化によるものです。更年期に入る少し前頃からエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が低下していきます。脳からはエストロゲンを分泌する指令が行われるにもかかわらず、卵巣機能低下によりエストロゲンが分泌されなくなってしまいます。そのため、脳の指令と身体の働きが伴わず身体面や精神面に不調がでてしまうのです。

更年期障害

どんな症状が更年期障害なの?

一言で更年期障害と言っても症状の度合いや内容は個人差が大きく、日々おかれている生活環境や日常のストレスにより更年期障害の症状や重さは変わってきます。

血管運動神経系

代表的な症状としてはダルさを感じたり夜眠れなくなる、不眠になる、汗がたくさんでて、のぼせる(ホットフラッシュ)です。更年期にこのような症状がでてくるのはエストロゲン分泌の指令をだす脳の領域が自律神経をつかさどる部位に極めて近いためです。そのため自立神経が乱れ、症状がでます。

精神神経系

うつ状態・イライラして感情がうまくコントロールできないといった精神面の症状も自律神経が乱れるために出てきます。そのほか、家族の問題や自身のストレスに影響されることで精神面の症状が出やすくなります。

運動器官系

エストロゲンの分泌量減少は、血管の機能や関節の動きにも影響がでます。そのため、今まで以上の肩こりに悩まされたり、関節痛が起こったりします。

生殖器系

更年期になるとホルモンバランスが崩れ卵巣機能が低下することで、生理不順や不正出血といった症状が現れるほか、生殖器に関連する様々な不調が起こるようになります。

更年期を乗り越えるには

美しさを求める女性であれば一度は耳にしたことがあるのが「大豆イソフラボン」。女性ホルモンと似たような機能を持っているとして人気になっています。大豆イソフラボンから「エクオール」という成分が腸内細菌の働きにより作られるのですが、近頃ではそのエクオールが更年期に減少する女性ホルモン、エストロゲンと同じような働きをすることが判明しています。

更年期に入りエストロゲンが減少することで様々な症状がでるため、エストロゲンと似たエクオールを摂取することで更年期障害の症状に改善がみられることが認められています。大豆イソフラボンからエクオールは作られるのですが、体内で大豆イソフラボンからエクオールを作ることができるのは日本人のおよそ50%しかいないと言われています。

エクオールを取り込むために大豆イソフラボンを摂取することは大切ですが、半数の日本人はエクオールを作り出せないので、更年期障害の改善を目的とするのであれば大豆イソフラボンよりもエクオールをサプリメントで摂取するほうがより効果的でしょう。

エクオール検査(ソイチェック)とは

先述したように、およそ半数の日本人しか大豆イソフラボンを摂取したところで体内で大豆イソフラボンからエクオールを作り出すことはできません。では、自分が大豆イソフラボンからエクオールを作り出せる身体なのかどうか確認することはできるのでしょうか。

大豆イソフラボンのなかには、ダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインという成分が含まれており、そのうちのダイゼインはエクオール産生菌という腸内細菌によってエクオールに変化します。エクオールを生成するにはエクオール産生菌が必要なのですが、このエクオール産生菌という腸内細菌をもっているのが日本人の約半数しかいないのです。

幼少期における食生活の内容によりエクオール産生菌が体内にあるかどうかが決まると言われており、自発的にエクオール産生菌を持つ体質に変化させることはできません。自分の身体がエクオール産生菌を持っているかどうかは、ソイチェックというエクオール検査で調べることが可能です。現在はインターネットで検査キットを購入することもできます。

検査キットでエクオール産生菌がなかった、もしくは検査は手間だという場合は、大豆イソフラボンからのエクオール摂取ではなく、サプリメントで手軽にエクオールを摂取する方法もあります。更年期障害をすこしでも緩和したいのであれば、大豆製品を摂取するだけでなく手軽に摂取できるエクオールサプリメントを積極的に摂取してみましょう。

Top