更年期になると太りやすくなる理由とは?

女性は45歳~55歳ころに閉経を迎え、その時期を更年期と呼びますが更年期は女性にとって数多くの悩みがでる時期です。特にホルモンバランスの変化により体形が崩れ、太ってしまうことがあります。この時期につく脂肪は更年期脂肪と呼びくびれ部分や背中など気になる場所につきやすく、体形維持に悩む女性も少なくありません。

美人ホルモンとも呼ばれるエストロゲン

更年期太りにはエストロゲンが大きく関係しています。別名美人ホルモンとも呼ばれるエストロゲンですが、更年期にはいるとエストロゲンの分泌量が急激に低下します。更年期に入る前と比べて、特に食生活の変化があったわけではなく、同じように生活しているのに太ってしまうのは、このエストロゲンの分泌量低下によるものなのです。

エストロゲンとは女性ホルモンの1つで、女性にとってとても大切なホルモンです。妊娠出産するうえでは必要不可欠で、子宮を着床しやすい状態へ導いたり、肌を良好な状態に保ったりウエストラインなど女性らしい丸みのある身体を作ってくれます。

このように女性にとって、健康で美しくあるために重要なエストロゲンですが、身体の脂肪吸収を阻止する効果もあるのです。このエストロゲンが低下することで、太りやすくなってしまうのです

厚労省「更年期障害」(外部サイト)

生活スタイルの変化はなくとも、脂肪と体重は増加

血液中の中性脂肪を「グリセロール」と「遊離脂肪酸」の2つの物質に分解するのが、LPL(リポタンパクリパーゼ)という酵素です。遊離脂肪酸は、体の中で中性脂肪へと変化します。エストロゲンはこのLPLという酵素の働きを阻害するのです。そのためエストロゲンが分泌されると脂肪が蓄積するのを防ぎ、身体に脂肪をつきにくくします。

更年期になるとエストロゲンの分泌が低下し、LPLの働きを阻害するものが減少することで身体に脂肪が蓄積され、太ってしまいます。このように身体につく脂肪が更年期脂肪です。

一度つくと落ちにくい更年期脂肪

更年期脂肪が身体についてしまい、ダイエットをしようと食事制限や運動をしているにもかかわらず、思うように体重が減らない…更年期に入りダイエットをしている人の悩みの種ですよね。どうして食事制限や運動をしても、今までのように体重が減らなくなってしまったのかというと、身体の基礎代謝が減ってしまっているからです。

基礎代謝とは、なにをするわけでもなく、臓器や人体を保つために消費されるエネルギーのことで、基礎代謝は年齢が上がるとともに減少していきます。また筋肉量とも密接な関りをもっており、たとえ体重が同じでも筋肉量が多い人のほうが基礎代謝が高いため痩せやすく、筋肉量が低いひとのほうが基礎代謝も低く痩せにくいです。

また、運動をしても痩せないという人は、運動の仕方に問題があるのかもしれません。更年期脂肪として身体につくのは皮下脂肪とよばれる脂肪です。皮下脂肪は内臓脂肪とは違い、ウォーキングや水泳などの有酸素運動では燃焼されません。皮下脂肪を燃焼させるためには有酸素運動ではなく、軽い筋力トレーニングを行い身体の筋肉量を増やすことが大切です。筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることで少しずつですが更年期脂肪を撃退することができます。筋力はすぐにつくものではなく日々のトレーニング継続や時間を要しますが、時間をかけて更年期脂肪と向き合うことで必ず良い効果が表れます。

大塚製薬「メタボリックシンドローム本体は内臓脂肪の過剰蓄積」(外部サイト)

Top