エクオール検査(ソイチェック)でエクオール産生体質かどうかチェック

更年期障害の症状に悩んでいる女性にとって助け舟のようなエクオール。更年期における様々な不調を緩和してくれるエクオールは、スーパーイソフラボンとも呼ばれています。ですが、体内でエクオールを作り出せるのは日本人のおよそ半数しかいません。自分の身体がエクオールを作り出せるのかどうか、またその検査の方法を調べました。

エクオールを作るには

大豆イソフラボンは大きく分けて3つの成分でできており、そのうちの「ダイゼイン」からエクオールは作られます。腸内に存在する「エクオール産生菌」という腸内細菌の働きによって、ダイゼインがエクオールへと変化します。つまり、体内にエクオール産生菌がある人はエクオールを作り出すことができるのです。しかし、体内にエクオール産生菌をもつのは日本人の約半数しかいません。

エクオール産生菌が腸内に存在するかどうかは、子供のころの食生活によって決まるとされているため、自らエクオール産生菌をもつ体質に変えることは不可能と考えられています。しかし、まだまだ研究途中の分野ではっきりしていない部分も多くあります。人体や臓器についてもまだ解明されていない部分が多くあるため、今後研究が進むにつれてエクオール産生菌についても新たな発見があるかもしれません。いずれはすべての人の腸内にエクオール産生菌を存在させることを実現できる日がくるかもしれません。

エクオール産生菌がいるかどうか確かめるには

自分の腸内にエクオール産生菌が存在するかどうかは、エクオール検査キットを利用し確認することができます。インターネットでエクオール検査キットを購入することができますので、気になる方はチェックしてみるのも良いでしょう。検査キット以外にもエクオール検査を実施している病院やクリニックもありますので郵送や検査キットに抵抗がある場合は直接病院などに出向いて検査することもできます。

検査の方法は主に尿検査です。大豆イソフラボンもエクオールも、体内で様々な働きをしたあとに尿とともに排泄されますので、尿検査をすることでエクオールが体内で生成されていたかどうかを確認することができます。

エクオール産生菌がない場合はどうすればよいのか

検査の結果エクオール産生菌が存在していなければ、残念ながら体内でエクオールを作り出すことはできません。しかしエクオールを作り出せなくても大丈夫です。手軽に摂取できるエクオールサプリメントがありますので、エクオールを生成できない場合はサプリメントを活用してください。

エクオール産生菌が存在しない人だけでなく、エクオール産生菌も持つ人でも日々の生活で大豆イソフラボンの摂取や食生活の改善が難しい場合はサプリメントを利用することをオススメします。

エクオール検査について1つ注意していただきたいのが、サプリメント摂取後ですとエクオールが排泄されてしまうため、エクオール検査をしたい場合は必ずサプリメント摂取前にするか、3日以上の期間をあけて身体からすべて出してから検査するようにしましょう。

どのくらいのエクオールを摂取すれば良いのか

一日の摂取量目安は明確には定められていませんが、今のところ判明している数値としては、更年期障害の症状緩和に対しては1日10mgのエクオール摂取で効果がみられるとされています。では、エクオール10mg摂取するためにはどのくらいの食品を摂取すればよいのかというと、豆腐だと一丁(200g)の2/3、納豆なら1パック程度で摂取できます。豆乳だとコップ1杯(200ml)と、無理なく毎日摂取できそうな分量です。

しかし、毎日の食生活にこれらの大豆食品を取り入れるのが難しい人もたくさんいますよね。そんな人たちにもエクオールサプリメントの人気が高くなっています。サプリメントで手軽に摂取できるだけでなくエクオールの生成の効果を高めるラクトビオン酸が配合されているサプリメントも登場しており、効果を高めながら摂取することができます。

独立行政法人国立健康・栄養研究所「エクオールの有意性」(外部サイト)

Top