エクオールは大豆イソフラボンのダイゼインから作られる

女性ホルモンのエストロゲン減少により、体調だけでなく精神的にも辛くなる更年期。閉経前後の40代後半から50代前半のころを更年期と呼び、更年期の女性ホルモン減少によりあらわれる様々な症状を更年期障害と言います。

更年期障害には大豆イソフラボンが有効

大豆イソフラボンには更年期障害の症状を緩和する効果があるとして良く知られていますが、なぜ大豆イソフラボンにはそのような効果があるのでしょうか。

大豆イソフラボンにはエストロゲンに近い作用があり更年期で減少したエストロゲンが補われるため更年期障害の症状が緩和されますが、その効果は個人差が非常に大きいとされています。なぜ個人差が大きいのかは、エクオールが深く関係していました。

エクオールとは何なのか?

エクオールとは、大豆イソフラボンよりも更年期障害の緩和に効果があるとして注目されている成分です。ダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインという3つの成分から構成される大豆イソフラボンですが、そのうちのダイゼインは腸内細菌によりエクオールを生成することができます。

このエクオールが、大豆イソフラボンよりもさらに更年期障害の症状緩和に効果的だということが判明したのです。更年期障害の症状緩和だけでなく、骨粗しょう症の予防、月経による体の不調や美肌効果などさまざまな効果があるとされているのがエクオールです。

腸内細菌と腸内フローラ

エクオールを作り出すのは「エクオール産生菌」という腸内細菌です。善玉菌や悪玉菌などという言葉はよく耳にすると思いますがそれらが腸内細菌のことです。体内には600兆個以上、数百種類以上にものぼる数の腸内細菌が存在するとされています。

腸内フローラという言葉を聞いたことはありますか?テレビ番組で特集を組まれるなど最近話題になっていますが、腸内フローラとは腸内細菌のことで、種類別にグループとなり腸内に存在する腸内細菌が、そのグループとなり存在している様子が花畑(flora:フローラ)のように見えることからそのように呼ばれています。

厚労省「腸内細菌と健康」(外部サイト)

大豆イソフラボンとは

大豆イソフラボンには分子の大小で2種類に分けられます。主に大豆食品に含まれる分子の大きい大豆イソフラボンは腸内での吸収がされにくく、発酵食品である味噌などに含まれる大豆イソフラボンは分子が小さく、腸内で吸収がされやすいと判明しています。

腸内では、体内にはいってきた大豆イソフラボンを腸内細菌がより吸収しやすくするために分子を細かく分解します。腸内細菌の機能が低下していたり腸内細菌の数が減少していると細かく分解することができず腸内での吸収率が下がってしまいます。そのため、更年期障害の症状をすこしでも緩和するためには腸内フローラをきちんと整え、保つ工夫が必要です。

日本人の半分しかエクオールを作れない

エクオールを体内で作るためにはエクオール産生菌が必要なのですが、体内にエクール産生菌が存在しているのは日本人のおよそ50%の人だけで、全員がエクオール産生菌をもっているわけではありません。

エクオール産生菌が体内に存在しているかどうかは、エクオール検査でチェックすることができます。インターネットでキットを購入できるので、大豆製品を摂取しても更年期障害の改善が見られない場合、まずはエクオール検査をして自分がエクオールを作れるのかどうか確認してみましょう。もし、エクオール産生菌がなかった場合でも、エクオールサプリで手軽にエクオールを摂取することができますので活用してみましょう。

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

Top