エクオールの過剰摂取と副作用と安全性

エクオールの安全性についてですが、エクオールは腸内細菌の働きにより、大豆イソフラボンから生成されるものですので安全です。ただし、大豆アレルギーがある方は避けてくださいね。ですが、どれほど安全で身体に良いものでも過剰摂取して良いものなどありません。もしエクオールを過剰摂取した場合にどのような状態になるのか、その影響や副作用をお伝えします。

一日のエクオール摂取量は?

エクオールは現在研究が続けられている分野で、まだ明確な一日当たりの摂取量は判明していません。しかし、更年期障害の症状緩和にたいしては臨床実験の結果、1日に10mgのエクオールを摂取すると更年期障害の緩和に効果的だという結果がでています。この数値を一つの目安として毎日摂取するのが良いでしょう。

10mgのエクオールを摂取するにあたり、毎日の食生活に大豆食品、例えば納豆や豆乳などを取り入れられるかた食事から摂取するのも良いですし、食生活を変えるのが難しい人や忙しくしている人にはエクオールサプリメントがオススメです。10mgのエクオールが配合されたサプリメントを選べば効率よく摂取することができます。

大豆イソフラボンの目安摂取量とアグリコン型

では1日10mgのエクオールを食事から摂取するとなるとどれくらいの分量なのでしょうか。たくさん大豆食品を取らないといけないのでは?と構えてしまいたくなりますが、無理なく毎日摂取できる程度の量です。豆腐なら一丁(200g)の2/3程度、豆乳200ml、納豆だと1パックです。毎日続けられそうな量ですよね。

大豆イソフラボンは糖が分離するかしないかで2種類にわけられます。糖が分離しているのが「アグリコン型」、分離していないものが「グリコシド型」です。そのうちのグリコシド型は腸内に入ると腸内細菌の働きによりアグリコン型へと変化し、身体に吸収されていきます。アグリコン型のほうが体内に吸収されやすいのですが、私たちがよく摂取する納豆や豆腐はグリコシド型の大豆イソフラボンで、体内には吸収されにくい性質を持っています。

アグリコン型大豆イソフラボンの一日摂取目安量は1日あたり70mgから75mgと食品安全委員会が定めています。トクホ(特定保健用食品)で摂取する場合、追加上限は一日あたり30mgです。これは臨床試験により定められた数値で、この定められた数数値以上に過剰摂取した場合、生理不順などの月経周期に影響がでるほか、子宮内膜増殖症を発症するリスクが高くなることが報告されています。

更年期障害の症状に悩んでいても、過剰摂取したところで改善するわけではありません。どんなに身体に良いものでも過剰摂取は健康に影響がでてしまいますので、必ず定められた摂取量を守るようにしましょう。

食品安全委員会 大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A

内閣府食品安全委員会事務局

妊娠中はエクオールを摂取できるのか?

まずエクオールは薬ではなく、基本的には体内で作りだされるものなので気にしなければいけないことはありません。しかし、妊娠期や授乳期などは女性ホルモンのバランスが通常とは違う状態になっているので、女性ホルモンに影響がでるものを摂取するのは好ましくはありません。妊娠されている場合や妊娠の可能性がある場合、また授乳中の場合はエクオールの摂取についてはかかりつけのお医者様へ小さなことでも相談したうえで決めるようにしてください。

エクオールを作り出せるのは50%の日本人だけ?

大豆イソフラボンは大きくわけて3つの成分から作られており、そのうちの「ダイゼイン」という成分が腸内で腸内細菌の働きにより、大豆イソフラボンをエクオールへと変化させます。このときの腸内細菌が「エクオール産生菌」です。

このエクオール産生菌がないと、大豆イソフラボンをエクオールにすることができないのですが、エクオール産生菌を持つのは日本人の50%のみと言われており、すべての人がエクオールを作り出せるわけではないのです。自分の腸内にエクオール産生菌がいるかどうかは、簡単にチェックすることができます。インターネットでエクオール検査(ソイチェック)という検査キットが販売されており、購入できるので気になる人は調べてみて下さいね。

エクオール産生菌という腸内細菌がいるかどうかは子供のころの食生活が大きく関係しているとされており、後から自分でエクオール産生菌を体内に生息させるといった体質改善は現在の研究ではまだできないと言われています。検査の結果、エクオール産生菌が存在せず自分がエクオールを作り出せない体質の場合でも、エクオールサプリメントを利用すれば手軽に直接エクオールを摂取することができます。

エクオールを作れる体質の人でも、食事からの摂取が難しい場合はサプリメントを活用するのが良いでしょう。エクオールは女性にとって大切な働きをたくさんもっていますので、更年期障害症状の緩和など女性の間で話題になっています。気になっている人は、まずは手軽に摂取できるエクオールサプリメントを利用してみると良いでしょう。

Top