更年期障害の原因と症状を教えます。

更年期になり、多くの女性を悩ませる更年期障害。身体面の不調だけでなく精神的にもつらい時期となります。更年期障害になりたくない、つらい時期をできる限り短くしたいと考えている方は、まずは更年期障害の仕組みをしっかりと理解しましょう。

更年期障害になる原因とは

更年期とは女性が閉経を迎える前後の40代後半から50代前半頃の時期を言います。更年期には日々の生活がつらくなるほどの身体症状・精神的不調が続き、更年期障害と呼ばれています。

更年期障害の原因は女性ホルモンの変化によるものです。更年期に入る少し前頃からエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が低下していきます。脳からはエストロゲンを分泌する指令が行われるにもかかわらず、卵巣機能低下によりエストロゲンが分泌されなくなってしまいます。そのため、脳の指令と身体の働きが伴わず身体面や精神面に不調がでてしまうのです。

更年期障害

どんな症状が更年期障害なの?

一言で更年期障害と言っても症状の度合いや内容は個人差が大きく、日々おかれている生活環境や日常のストレスにより更年期障害の症状や重さは変わってきます。

血管運動神経系

代表的な症状としてはダルさを感じたり夜眠れなくなる、不眠になる、汗がたくさんでて、のぼせる(ホットフラッシュ)です。更年期にこのような症状がでてくるのはエストロゲン分泌の指令をだす脳の領域が自律神経をつかさどる部位に極めて近いためです。そのため自立神経が乱れ、症状がでます。

精神神経系

うつ状態・イライラして感情がうまくコントロールできないといった精神面の症状も自律神経が乱れるために出てきます。そのほか、家族の問題や自身のストレスに影響されることで精神面の症状が出やすくなります。

運動器官系

エストロゲンの分泌量減少は、血管の機能や関節の動きにも影響がでます。そのため、今まで以上の肩こりに悩まされたり、関節痛が起こったりします。

生殖器系

更年期になるとホルモンバランスが崩れ卵巣機能が低下することで、生理不順や不正出血といった症状が現れるほか、生殖器に関連する様々な不調が起こるようになります。

更年期を乗り越えるには

美しさを求める女性であれば一度は耳にしたことがあるのが「大豆イソフラボン」。女性ホルモンと似たような機能を持っているとして人気になっています。大豆イソフラボンから「エクオール」という成分が腸内細菌の働きにより作られるのですが、近頃ではそのエクオールが更年期に減少する女性ホルモン、エストロゲンと同じような働きをすることが判明しています。

更年期に入りエストロゲンが減少することで様々な症状がでるため、エストロゲンと似たエクオールを摂取することで更年期障害の症状に改善がみられることが認められています。大豆イソフラボンからエクオールは作られるのですが、体内で大豆イソフラボンからエクオールを作ることができるのは日本人のおよそ50%しかいないと言われています。

エクオールを取り込むために大豆イソフラボンを摂取することは大切ですが、半数の日本人はエクオールを作り出せないので、更年期障害の改善を目的とするのであれば大豆イソフラボンよりもエクオールをサプリメントで摂取するほうがより効果的でしょう。

エクオール検査(ソイチェック)とは

先述したように、およそ半数の日本人しか大豆イソフラボンを摂取したところで体内で大豆イソフラボンからエクオールを作り出すことはできません。では、自分が大豆イソフラボンからエクオールを作り出せる身体なのかどうか確認することはできるのでしょうか。

大豆イソフラボンのなかには、ダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインという成分が含まれており、そのうちのダイゼインはエクオール産生菌という腸内細菌によってエクオールに変化します。エクオールを生成するにはエクオール産生菌が必要なのですが、このエクオール産生菌という腸内細菌をもっているのが日本人の約半数しかいないのです。

幼少期における食生活の内容によりエクオール産生菌が体内にあるかどうかが決まると言われており、自発的にエクオール産生菌を持つ体質に変化させることはできません。自分の身体がエクオール産生菌を持っているかどうかは、ソイチェックというエクオール検査で調べることが可能です。現在はインターネットで検査キットを購入することもできます。

検査キットでエクオール産生菌がなかった、もしくは検査は手間だという場合は、大豆イソフラボンからのエクオール摂取ではなく、サプリメントで手軽にエクオールを摂取する方法もあります。更年期障害をすこしでも緩和したいのであれば、大豆製品を摂取するだけでなく手軽に摂取できるエクオールサプリメントを積極的に摂取してみましょう。

更年期になると太りやすくなる理由とは?

女性は45歳~55歳ころに閉経を迎え、その時期を更年期と呼びますが更年期は女性にとって数多くの悩みがでる時期です。特にホルモンバランスの変化により体形が崩れ、太ってしまうことがあります。この時期につく脂肪は更年期脂肪と呼びくびれ部分や背中など気になる場所につきやすく、体形維持に悩む女性も少なくありません。

美人ホルモンとも呼ばれるエストロゲン

更年期太りにはエストロゲンが大きく関係しています。別名美人ホルモンとも呼ばれるエストロゲンですが、更年期にはいるとエストロゲンの分泌量が急激に低下します。更年期に入る前と比べて、特に食生活の変化があったわけではなく、同じように生活しているのに太ってしまうのは、このエストロゲンの分泌量低下によるものなのです。

エストロゲンとは女性ホルモンの1つで、女性にとってとても大切なホルモンです。妊娠出産するうえでは必要不可欠で、子宮を着床しやすい状態へ導いたり、肌を良好な状態に保ったりウエストラインなど女性らしい丸みのある身体を作ってくれます。

このように女性にとって、健康で美しくあるために重要なエストロゲンですが、身体の脂肪吸収を阻止する効果もあるのです。このエストロゲンが低下することで、太りやすくなってしまうのです

厚労省「更年期障害」(外部サイト)

生活スタイルの変化はなくとも、脂肪と体重は増加

血液中の中性脂肪を「グリセロール」と「遊離脂肪酸」の2つの物質に分解するのが、LPL(リポタンパクリパーゼ)という酵素です。遊離脂肪酸は、体の中で中性脂肪へと変化します。エストロゲンはこのLPLという酵素の働きを阻害するのです。そのためエストロゲンが分泌されると脂肪が蓄積するのを防ぎ、身体に脂肪をつきにくくします。

更年期になるとエストロゲンの分泌が低下し、LPLの働きを阻害するものが減少することで身体に脂肪が蓄積され、太ってしまいます。このように身体につく脂肪が更年期脂肪です。

一度つくと落ちにくい更年期脂肪

更年期脂肪が身体についてしまい、ダイエットをしようと食事制限や運動をしているにもかかわらず、思うように体重が減らない…更年期に入りダイエットをしている人の悩みの種ですよね。どうして食事制限や運動をしても、今までのように体重が減らなくなってしまったのかというと、身体の基礎代謝が減ってしまっているからです。

基礎代謝とは、なにをするわけでもなく、臓器や人体を保つために消費されるエネルギーのことで、基礎代謝は年齢が上がるとともに減少していきます。また筋肉量とも密接な関りをもっており、たとえ体重が同じでも筋肉量が多い人のほうが基礎代謝が高いため痩せやすく、筋肉量が低いひとのほうが基礎代謝も低く痩せにくいです。

また、運動をしても痩せないという人は、運動の仕方に問題があるのかもしれません。更年期脂肪として身体につくのは皮下脂肪とよばれる脂肪です。皮下脂肪は内臓脂肪とは違い、ウォーキングや水泳などの有酸素運動では燃焼されません。皮下脂肪を燃焼させるためには有酸素運動ではなく、軽い筋力トレーニングを行い身体の筋肉量を増やすことが大切です。筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることで少しずつですが更年期脂肪を撃退することができます。筋力はすぐにつくものではなく日々のトレーニング継続や時間を要しますが、時間をかけて更年期脂肪と向き合うことで必ず良い効果が表れます。

大塚製薬「メタボリックシンドローム本体は内臓脂肪の過剰蓄積」(外部サイト)

生理不順の原因は更年期?症状と見分け方と対策まとめ

更年期に入ると様々な更年期障害の症状が起こることがあります。その中でも、今まで正常だった生理周期が乱れるとよく言われていますが、更年期により生理不順あったのか、他の病気が潜んでいて生理不順になったのか見分けることが難しい場合があります。

今回はそんな生理不順の原因の見極め方をお伝えしていきます。

更年期に生理周期が乱れる理由

女性ホルモンが分泌され、そのなかでもエストロゲンやプロゲステロンといったホルモンによって生理周期がコントロールされて一定の周期を保っているのですうが、更年期に入るとエストロゲンの分泌量が低下し、卵巣の機能も衰えます。女性ホルモンの分泌が減少することでホルモンバランスが崩れ、生理周期が乱れます。

エストロゲンの分泌量が減るとホルモンバランスが乱れるだけでなく、身体的にも精神的にも様々な症状が現れます。更年期に入りホルモンバランスが崩れることで起こる様々な症状のことを更年期障害と呼んでいます。更年期障害の症状として起こる生理不順はほかの病気によるものではなく、更年期の女性の多くが経験する症状です。生理が乱れると何か子宮や卵巣の病気なのではないか、と怖くなるかもしれませんが、更年期をむかえると出やすい症状なのであまり心配しすぎないで大丈夫です。

生理不順の種類や症状

更年期といっても、1年や2年ではなくおよそ10年間の期間があります。生理不順と一括りに言っても10年間のうちに症状は変わってきます。

よくある症状としては、更年期に入りはじめるころには「頻発月経」といわれる生理周期が短くなるようになり、その後は周期がどんどん長くなり生理が減る「稀発月経」と変化します。そこからどんどんと周期が長くなっていき、閉経を迎えていきます。生理周期の乱れとともに、経血の量の変化も見られます。

稀発月経と頻発月経(きはつげっけい/ひんぱつげっけい)

生理周期は個人差が大きいですが、およそ25日~38日間という周期が正常とされています。24日以下の周期で次の生理が来る場合は頻発月経の可能性があります。逆に39日以上空いてからしか次の生理が来ない場合は稀発月経の可能性があります。もし更年期前後ではないのに頻発月経の症状が出ている場合には黄体機能不全の可能性がありますので、かかりつけのお医者様に相談してみてくださいね。

過長月経と過短月経(かちょうげっけい/かたんげっけい)

字の通り生理期間が長い場合(8日以上)を過長月経、短い場合(2日程度)を過短月経と呼びます。ホルモンバランスが乱れて起こる症状ですが、その他にも子宮関連の病気や甲状腺機能に関する病気が潜んでいる場合がありますので、心当たりがある方はお医者様に一度診てもらって下さい。

過多月経と過少月経(かたげっけい/かしょうげっけい)

月経の出血量が多い場合を過多月経といい、過多月経は出血量が増えるとともに経血にレバーのような塊が混ざっていたり痛みの強い生理痛が起こることもあり、子宮がんや子宮筋腫など、子宮に関する病気の症状の一つとして過多月経になっている可能性もあります。

出血量が極端に少ない場合を過少月経といい、こちらは甲状腺機能亢進症や低下症など甲状腺に関する病気に関わっている可能性があります。

子宮に関する病気の場合、過長月経と過多月経を、甲状腺機能に関する病気は過短月経と過少月経を同時に発症する可能性が高いです。どちらも当てはまっている場合は早めに診察へ行ってみまししょう。またどちらか片方だけや、気になることがある場合も早めに診察へ行きましょう。

更年期障害の生理不順対策

更年期に起こる生理不順は、女性ホルモンの分泌量が減少しホルモンバランスが乱れることによって起こります。つまり対策をとるのなら、乱れたホルモンバランスを整えることがとても大切です。

減少した女性ホルモンを補いホルモンバランスを整えることで注目を集めているのが大豆食品です。大豆食品を摂取することにより体内に大豆イソフラボンとエクオールという成分を取り入れることで、症状が改善します。大豆イソフラボンもエクオールも減少してしまう女性ホルモンと似た働きをするため、減少した女性ホルモンを補うことで症状緩和につながります。

大豆イソフラボンは納豆や豆腐など大豆食品に含まれており、エクオールは大豆イソフラボンの一種であるダイゼインが腸内で腸内細菌と反応することで生成されます。エクオールのほうが大図イソフラボンよりもより効果が高く症状が和らぐのですが、すべての人が体内でエクオールを作り出せるわけではありません。まずは自分がエクオールを作りだせる体質なのかどうか調べてみると良いでしょう。

調べる時間がない場合やエクオールを作れない体質だったとしても、エクオールが配合されたサプリメントを活用すれば手軽に直接エクオールを摂取することができます。症状に悩んでいるのなら利用してみて下さいね。

⼥性のライフステージを考慮した健康づくり」(外部サイト)

大豆イソフラボンの効果・効能は更年期障害対策だけじゃない!

大豆製品に含まれている大豆イソフラボンが更年期障害の症状緩和に効果があると注目を集めています。更年期障害の症状に悩む女性なら、大豆イソフラボンの効果を一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。しかし、なぜ効果があるのか、どんな働きがあるのかがわからないと実際生活に役立てることはできません。今回は大豆イソフラボンが更年期障害症状緩和に効果的なのはどのような理由があるのかお伝えします。

大豆イソフラボンが更年期障害の症状に効果的な理由

更年期に入ると卵巣の機能が低下するとともに女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が急激に低下します。脳からはエストロゲンを分泌する指令が出ているのにも関わらず、分泌量が低下していくために脳は混乱し、さらに女性ホルモンが低下、自律神経の乱れが起こり、身体面だけでなく精神面にも不調が現れます。これが更年期障害と呼ばれるものです。

大豆イソフラボンは身体の中でエストロゲンに似た働きをすることが判明しており、低下してしまったエストロゲンの働きを補うことで更年期障害の症状緩和に効果があると認められています。大豆イソフラボンのダイゼインという成分は、体内にはいるとエクオール産生菌という腸内細菌によりエクオールへと変化します。

エクオールは別名「スーパーイソフラボン」とも呼ばれており、大豆イソフラボンよりもさらに更年期障害の症状に効果が期待されています。このように大豆イソフラボンは摂取することで多くの効果があるので更年期障害に悩む女性の中で関心が高まっています。

更年期障害の症状緩和だけでない!大豆イソフラボンがもつパワーとは

更年期障害症状の緩和だけでなく、大豆イソフラボンには女性の身体にとって良い働きがたくさんあります。

抗酸化作用

活性酸素はウイルス除去など人体にとって必要な働きをしているのですが、日々の生活から現代の日本人は過剰に活性酸素を摂取しすぎている傾向にあります。酸化=老化、とよく言われるように、活性酸素を過剰に取り入れると身体の酸化が進み老化を加速させます。大豆イソフラボンには抗酸化作用があり、体内に取り入れすぎた活性酸素を取り除く働きをしてくれます。身体のなかから活性酸素を除き、キレイになることで肌の調子もよくなります。

動脈硬化の予防

体内でコレステロールなどの脂質が酸化すると過酸化脂質という物質に変化し、シワや老化現象、動脈硬化のもとになってしまいます。これも身体が酸化することにより起こってしまうので、大豆イソフラボンの抗酸化作用により脂質が酸化し過酸化脂質になるのを予防してくれます。過酸化脂質は動脈硬化などを引き起こしやすくなるため、大豆イソフラボンを摂取することで過酸化脂質になるのを防ぎ動脈硬化の予防にも繋がります。

骨粗しょう症予防

エストロゲンには骨を丈夫にする働きがあり、更年期にはいりエストロゲンの分泌量が低下することで骨密度が低くなり骨粗しょう症のリスクが高まります。大豆イソフラボンを摂取することで減少したエストロゲンの働きを補い、骨密度低下を防ぐことで骨粗しょう症を予防することができます。

美肌効果

さらにエストロゲンには肌の状態を良好に保つ働きがあります。コラーゲン等を作るだけでなく肌の水分を保ち、肌を良い状態に導きます。エストロゲンの分泌量が減少することでこのような働きが低下し、肌荒れを起こします。大豆イソフラボンを摂取することでエストロゲンの働きを補い、肌荒れや老化を抑止し、美肌へと導きます。

日本人の5割しかエクオールを作れない

先述したように、ダイゼインがエクオール産生菌という腸内細菌と反応することにより体内でエクオールを作り出すのですが、このエクオール産生菌はすべての人の腸内にいるわけではありません。日本人のおよそ5割にしか腸内にエクオール産生菌が存在しておらず、エクオール産生菌がいない人はエクオールを作りさすことはできません。

自分の腸内にエクオール産生菌が存在しているかどうかはインターネットなどでキットが販売されている「エクオール検査(ソイチェック)」で簡単に調べることができます。更年期障害に悩まされている人や大豆食品を摂取しても症状改善がみられない場合は一度検査してみてはいかがでしょうか。

エクオールの過剰摂取と副作用と安全性

エクオールの安全性についてですが、エクオールは腸内細菌の働きにより、大豆イソフラボンから生成されるものですので安全です。ただし、大豆アレルギーがある方は避けてくださいね。ですが、どれほど安全で身体に良いものでも過剰摂取して良いものなどありません。もしエクオールを過剰摂取した場合にどのような状態になるのか、その影響や副作用をお伝えします。

一日のエクオール摂取量は?

エクオールは現在研究が続けられている分野で、まだ明確な一日当たりの摂取量は判明していません。しかし、更年期障害の症状緩和にたいしては臨床実験の結果、1日に10mgのエクオールを摂取すると更年期障害の緩和に効果的だという結果がでています。この数値を一つの目安として毎日摂取するのが良いでしょう。

10mgのエクオールを摂取するにあたり、毎日の食生活に大豆食品、例えば納豆や豆乳などを取り入れられるかた食事から摂取するのも良いですし、食生活を変えるのが難しい人や忙しくしている人にはエクオールサプリメントがオススメです。10mgのエクオールが配合されたサプリメントを選べば効率よく摂取することができます。

大豆イソフラボンの目安摂取量とアグリコン型

では1日10mgのエクオールを食事から摂取するとなるとどれくらいの分量なのでしょうか。たくさん大豆食品を取らないといけないのでは?と構えてしまいたくなりますが、無理なく毎日摂取できる程度の量です。豆腐なら一丁(200g)の2/3程度、豆乳200ml、納豆だと1パックです。毎日続けられそうな量ですよね。

大豆イソフラボンは糖が分離するかしないかで2種類にわけられます。糖が分離しているのが「アグリコン型」、分離していないものが「グリコシド型」です。そのうちのグリコシド型は腸内に入ると腸内細菌の働きによりアグリコン型へと変化し、身体に吸収されていきます。アグリコン型のほうが体内に吸収されやすいのですが、私たちがよく摂取する納豆や豆腐はグリコシド型の大豆イソフラボンで、体内には吸収されにくい性質を持っています。

アグリコン型大豆イソフラボンの一日摂取目安量は1日あたり70mgから75mgと食品安全委員会が定めています。トクホ(特定保健用食品)で摂取する場合、追加上限は一日あたり30mgです。これは臨床試験により定められた数値で、この定められた数数値以上に過剰摂取した場合、生理不順などの月経周期に影響がでるほか、子宮内膜増殖症を発症するリスクが高くなることが報告されています。

更年期障害の症状に悩んでいても、過剰摂取したところで改善するわけではありません。どんなに身体に良いものでも過剰摂取は健康に影響がでてしまいますので、必ず定められた摂取量を守るようにしましょう。

食品安全委員会 大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A

内閣府食品安全委員会事務局

妊娠中はエクオールを摂取できるのか?

まずエクオールは薬ではなく、基本的には体内で作りだされるものなので気にしなければいけないことはありません。しかし、妊娠期や授乳期などは女性ホルモンのバランスが通常とは違う状態になっているので、女性ホルモンに影響がでるものを摂取するのは好ましくはありません。妊娠されている場合や妊娠の可能性がある場合、また授乳中の場合はエクオールの摂取についてはかかりつけのお医者様へ小さなことでも相談したうえで決めるようにしてください。

エクオールを作り出せるのは50%の日本人だけ?

大豆イソフラボンは大きくわけて3つの成分から作られており、そのうちの「ダイゼイン」という成分が腸内で腸内細菌の働きにより、大豆イソフラボンをエクオールへと変化させます。このときの腸内細菌が「エクオール産生菌」です。

このエクオール産生菌がないと、大豆イソフラボンをエクオールにすることができないのですが、エクオール産生菌を持つのは日本人の50%のみと言われており、すべての人がエクオールを作り出せるわけではないのです。自分の腸内にエクオール産生菌がいるかどうかは、簡単にチェックすることができます。インターネットでエクオール検査(ソイチェック)という検査キットが販売されており、購入できるので気になる人は調べてみて下さいね。

エクオール産生菌という腸内細菌がいるかどうかは子供のころの食生活が大きく関係しているとされており、後から自分でエクオール産生菌を体内に生息させるといった体質改善は現在の研究ではまだできないと言われています。検査の結果、エクオール産生菌が存在せず自分がエクオールを作り出せない体質の場合でも、エクオールサプリメントを利用すれば手軽に直接エクオールを摂取することができます。

エクオールを作れる体質の人でも、食事からの摂取が難しい場合はサプリメントを活用するのが良いでしょう。エクオールは女性にとって大切な働きをたくさんもっていますので、更年期障害症状の緩和など女性の間で話題になっています。気になっている人は、まずは手軽に摂取できるエクオールサプリメントを利用してみると良いでしょう。

エクオール検査(ソイチェック)でエクオール産生体質かどうかチェック

更年期障害の症状に悩んでいる女性にとって助け舟のようなエクオール。更年期における様々な不調を緩和してくれるエクオールは、スーパーイソフラボンとも呼ばれています。ですが、体内でエクオールを作り出せるのは日本人のおよそ半数しかいません。自分の身体がエクオールを作り出せるのかどうか、またその検査の方法を調べました。

エクオールを作るには

大豆イソフラボンは大きく分けて3つの成分でできており、そのうちの「ダイゼイン」からエクオールは作られます。腸内に存在する「エクオール産生菌」という腸内細菌の働きによって、ダイゼインがエクオールへと変化します。つまり、体内にエクオール産生菌がある人はエクオールを作り出すことができるのです。しかし、体内にエクオール産生菌をもつのは日本人の約半数しかいません。

エクオール産生菌が腸内に存在するかどうかは、子供のころの食生活によって決まるとされているため、自らエクオール産生菌をもつ体質に変えることは不可能と考えられています。しかし、まだまだ研究途中の分野ではっきりしていない部分も多くあります。人体や臓器についてもまだ解明されていない部分が多くあるため、今後研究が進むにつれてエクオール産生菌についても新たな発見があるかもしれません。いずれはすべての人の腸内にエクオール産生菌を存在させることを実現できる日がくるかもしれません。

エクオール産生菌がいるかどうか確かめるには

自分の腸内にエクオール産生菌が存在するかどうかは、エクオール検査キットを利用し確認することができます。インターネットでエクオール検査キットを購入することができますので、気になる方はチェックしてみるのも良いでしょう。検査キット以外にもエクオール検査を実施している病院やクリニックもありますので郵送や検査キットに抵抗がある場合は直接病院などに出向いて検査することもできます。

検査の方法は主に尿検査です。大豆イソフラボンもエクオールも、体内で様々な働きをしたあとに尿とともに排泄されますので、尿検査をすることでエクオールが体内で生成されていたかどうかを確認することができます。

エクオール産生菌がない場合はどうすればよいのか

検査の結果エクオール産生菌が存在していなければ、残念ながら体内でエクオールを作り出すことはできません。しかしエクオールを作り出せなくても大丈夫です。手軽に摂取できるエクオールサプリメントがありますので、エクオールを生成できない場合はサプリメントを活用してください。

エクオール産生菌が存在しない人だけでなく、エクオール産生菌も持つ人でも日々の生活で大豆イソフラボンの摂取や食生活の改善が難しい場合はサプリメントを利用することをオススメします。

エクオール検査について1つ注意していただきたいのが、サプリメント摂取後ですとエクオールが排泄されてしまうため、エクオール検査をしたい場合は必ずサプリメント摂取前にするか、3日以上の期間をあけて身体からすべて出してから検査するようにしましょう。

どのくらいのエクオールを摂取すれば良いのか

一日の摂取量目安は明確には定められていませんが、今のところ判明している数値としては、更年期障害の症状緩和に対しては1日10mgのエクオール摂取で効果がみられるとされています。では、エクオール10mg摂取するためにはどのくらいの食品を摂取すればよいのかというと、豆腐だと一丁(200g)の2/3、納豆なら1パック程度で摂取できます。豆乳だとコップ1杯(200ml)と、無理なく毎日摂取できそうな分量です。

しかし、毎日の食生活にこれらの大豆食品を取り入れるのが難しい人もたくさんいますよね。そんな人たちにもエクオールサプリメントの人気が高くなっています。サプリメントで手軽に摂取できるだけでなくエクオールの生成の効果を高めるラクトビオン酸が配合されているサプリメントも登場しており、効果を高めながら摂取することができます。

独立行政法人国立健康・栄養研究所「エクオールの有意性」(外部サイト)

エクオールは大豆イソフラボンのダイゼインから作られる

女性ホルモンのエストロゲン減少により、体調だけでなく精神的にも辛くなる更年期。閉経前後の40代後半から50代前半のころを更年期と呼び、更年期の女性ホルモン減少によりあらわれる様々な症状を更年期障害と言います。

更年期障害には大豆イソフラボンが有効

大豆イソフラボンには更年期障害の症状を緩和する効果があるとして良く知られていますが、なぜ大豆イソフラボンにはそのような効果があるのでしょうか。

大豆イソフラボンにはエストロゲンに近い作用があり更年期で減少したエストロゲンが補われるため更年期障害の症状が緩和されますが、その効果は個人差が非常に大きいとされています。なぜ個人差が大きいのかは、エクオールが深く関係していました。

エクオールとは何なのか?

エクオールとは、大豆イソフラボンよりも更年期障害の緩和に効果があるとして注目されている成分です。ダイゼイン、グリシテイン、ゲニステインという3つの成分から構成される大豆イソフラボンですが、そのうちのダイゼインは腸内細菌によりエクオールを生成することができます。

このエクオールが、大豆イソフラボンよりもさらに更年期障害の症状緩和に効果的だということが判明したのです。更年期障害の症状緩和だけでなく、骨粗しょう症の予防、月経による体の不調や美肌効果などさまざまな効果があるとされているのがエクオールです。

腸内細菌と腸内フローラ

エクオールを作り出すのは「エクオール産生菌」という腸内細菌です。善玉菌や悪玉菌などという言葉はよく耳にすると思いますがそれらが腸内細菌のことです。体内には600兆個以上、数百種類以上にものぼる数の腸内細菌が存在するとされています。

腸内フローラという言葉を聞いたことはありますか?テレビ番組で特集を組まれるなど最近話題になっていますが、腸内フローラとは腸内細菌のことで、種類別にグループとなり腸内に存在する腸内細菌が、そのグループとなり存在している様子が花畑(flora:フローラ)のように見えることからそのように呼ばれています。

厚労省「腸内細菌と健康」(外部サイト)

大豆イソフラボンとは

大豆イソフラボンには分子の大小で2種類に分けられます。主に大豆食品に含まれる分子の大きい大豆イソフラボンは腸内での吸収がされにくく、発酵食品である味噌などに含まれる大豆イソフラボンは分子が小さく、腸内で吸収がされやすいと判明しています。

腸内では、体内にはいってきた大豆イソフラボンを腸内細菌がより吸収しやすくするために分子を細かく分解します。腸内細菌の機能が低下していたり腸内細菌の数が減少していると細かく分解することができず腸内での吸収率が下がってしまいます。そのため、更年期障害の症状をすこしでも緩和するためには腸内フローラをきちんと整え、保つ工夫が必要です。

日本人の半分しかエクオールを作れない

エクオールを体内で作るためにはエクオール産生菌が必要なのですが、体内にエクール産生菌が存在しているのは日本人のおよそ50%の人だけで、全員がエクオール産生菌をもっているわけではありません。

エクオール産生菌が体内に存在しているかどうかは、エクオール検査でチェックすることができます。インターネットでキットを購入できるので、大豆製品を摂取しても更年期障害の改善が見られない場合、まずはエクオール検査をして自分がエクオールを作れるのかどうか確認してみましょう。もし、エクオール産生菌がなかった場合でも、エクオールサプリで手軽にエクオールを摂取することができますので活用してみましょう。

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

エクオールの産生をサポートするラクトビオン酸とは

豆腐などの大豆製品を摂取することで更年期障害が緩和されるのというのはご存知の方も多いのではないでしょうか。大豆イソフラボンを摂取することでエクオールという物質を体内に取り込み、それが更年期障害における症状を和らげる効果があると認められています。

エクオールと一緒に摂取すると、より効果が高くなる物質があるのはご存知でしょうか?辛い更年期障害を乗り越えるなら、少しでも効果が高くなる方法をとりたいものです。その物質とは「ラクトビオン酸」という成分で、エクオールとラクトビオン酸を同時摂取することでエクオールの効果を高くする働きがあることが判明しています。

ラクトビオン酸ってなに?

乳製品に含まれているラクトースが酢酸菌の作用で酸化したものが「ラクトビオン酸」で、オリゴ糖の一種です。オリゴ糖のなかでも、たくさんの効果が期待されている物質ではありますが、化学合成により生成されるため単価が高く、なかなか食品へ導入するための活用法が開発されずにいました。

しかし最近、カスピ海ヨーグルトにラクトビオン酸が含まれていることが判明し、カスピ海ヨーグルトからラクトビオン酸を抽出することで食品への活用法が広がるのではないかと期待されています。

ラクトビオン酸の効果

ラクトビオン酸には、大きく分類すると3種類の働きが期待されています。

腸内環境の正常化

オリゴ糖は、消化性と難消化性にわけられます。そのうちの難消化性オリゴ糖に属しているのがラクトビオン酸です。ラクトビオン酸のように難消化性のオリゴ糖は、摂取後、胃や小腸で消化吸収されずに大腸まで届けられることができます。大腸まで7届くことによって腸内で善玉菌の栄養素となり、腸内環境を整えます。

骨粗しょう症予防

ミネラルやカルシウムなど、骨をつくるのに大切な栄養素は本来、水に溶けにくく、吸収されにくい物質です。ラクトビオン酸は水に溶けやすい性質を持っており、摂取するとミネラルやカルシウムも溶けやすくしてくれます。そのため身体への吸収率を高め、丈夫な骨つくりを促すことで骨粗しょう症予防に好悪化が期待されています。

エクオール産生を促進する

エクオールとは更年期障害の症状を和らげることで有名な物質で、大豆イソフラボンから作られます。大豆イソフラボンのダイゼインは、腸内細菌の一種、エクオール産生菌によりエクオールに変換されますが、そのエクオールの産生を促進するのがラクトビオン酸です。そのため、更年期障害改善の効果をより大きくすることができます。

ユニチカ株式『乳糖を原料とした新規機能性オリゴ糖「ラクトビオン酸」の開発』(外部サイト)

5割の日本人がもつエクオール産生菌

エクオールを生成するエクオール産生菌ですが、すべての日本人の体内にはなく、およそ5割の日本人しかエクオール産生菌は体内にありません。エクオール産生菌が体内にあれば、大豆イソフラボンを摂取することでエクオールが作られますが、エクオール産生菌をもたない人の場合、大豆イソブラボンをいくら摂取してもエクオールを作り出すことはできないのです。

自分の体にエクオール産生菌があるかどうかは、エクオール検査によりチェックすることができます。現在はインターネットでも検査キットが販売されていますので、自分にエクオール産生菌がいるかどうか手軽に確かめることができます。体内にエクオール産生菌がいない、もしくは検査が億劫な場合は、サプリメントを活用して手軽にエクオールを摂取することをオススメします。

また、体内にエクオール産生菌が存在していた場合でも、人それぞれ腸内に存在する腸内細菌の種類も量も異なるため、エクオールが作られる量は個人差による影響が非常に大きいため、エクオール産生菌がいたとしてもラクトビオンを摂取しエクオール産生を促したほうが良いでしょう。

エクオールのサプリメントを活用することをオススメしましたが、近頃ではラクトビオン酸が配合されたエクオールサプリメントも登場しています。更年期障害の症状に悩んでいる人や、すこしでも緩和したいと考えている人はエクオールも、エクオールの産生を促すラクトビオン酸も同時に摂取することができるサプリメントを利用すると良いでしょう。

もしかして更年期?更年期障害を簡単にセルフチェックする方法

多くの女性を悩ませる更年期障害。閉経を迎える40代後半から50代前半頃までを更年期と言います。閉経をむかえることにより女性ホルモンのバランスが崩れ、身体的にも精神的にも不調をきたすようになり、更年期に起こるさまざまな辛い症状を更年期障害と言います。

女性ホルモンと自律神経が深い関係にあるため、更年期障害の症状には身体的な不調だけでなくイライラや気分が沈むなどの精神的不調も起こります。更年期障害なのかもしれないと思ったら、まずはセルフチェックをしてみましょう。

更年期障害のセルフチェック項目

  • ちょっとしたことでカッとなる
  • 頭痛や肩こりがつらい
  • 憂うつな気分になることが多い
  • 手足がむくみやすくなった
  • 突然ののぼせで顔の汗がとまらない
  • 理由もなくイライラする
  • 何もする気にならない
  • 息切れや動悸がはげしい
  • 手足の冷えが気になる

以上の項目に当てはまるものがある場合は更年期障害かもしれません。

更年期障害の主な症状

更年期障害の症状として起こりやすいのがほてりやのぼせです。普段通りの生活をしているだけなのに多量の発汗をしたり、症状が強い場合には汗が滝のように流れたりすることもあります。身体の内側からあつくほてったようになるのに、手足のみが冷えるといったことも良く聞く症状です。

その他にも、動悸息切れも出やすい症状です。このような症状に悩んでいる女性で年齢が更年期に近い場合や閉経を迎えている場合は更年期障害かもしれません。

自律神経とストレス

女性ホルモンのバランスがくずれ自律神経が乱れることは先ほどもお伝えしましたが、自律神経が乱れることによりさまざまな不調が起こります。眠りが浅くなったり不眠になってしまうことも。そのために疲れがなかなか取れない、怠さや疲労感がたまるといった状態が続きます。

ストレスとも深い関係をもつ自律神経は、乱れると感情の起伏が激しくなるほか、小さなことでイライラしたり、今まではなんともなかったことに対しても我慢ができなかったり生活を共にする家族に強く当たってしまい思い悩む女性も少なくありません。自分の感情のコントロールがうまくいかないせいで自己嫌悪に陥りそんな負のサイクルが更年期障害の症状をさらに強くしてしまいます。

精神面だけでなくひどい頭痛が起こることや便秘になる場合もあります。更年期障害の症状は個人差が大きく、出る症状も重さも人それぞれ違います。自分の生活としっかり向き合い、なにか日々の生活の中で改善できることがないかを見つめなおすことも大切です。

食生活の見直しも効果的

更年期障害の症状を少しでも緩和したい場合、毎日の食生活の見直しも大切です。女性ホルモンのエストロゲン分泌量低下によりさまざまな症状が引き起こされるため、大豆食品を摂取することにより症状が緩和されると明らかになっています。

大豆食品に含まれる大豆イソフラボンにはエストロゲンと似た働きがあるため、更年期障害の症状が軽くなるのです。

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

納豆や豆乳などに含まれる大豆イソフラボンですが、大豆イソフラボンを食事から摂取しても更年期障害の症状が軽くなる場合とならない場合があり、個人差が激しくでます。その原因には「エクオール」が関係していたのです。

大豆イソフラボンは体内に入りエクオール産生菌という腸内細菌によりエクオールへと変化するもので、スーパーイソフラボンとの異名を持つほど更年期障害の改善に期待されています。

エクオールを作り出せるのは5割の日本人だけ

エクオールは更年期障害の症状緩和に期待されている物質ですが、体内でエクオールを作り出せるのは日本人の5割しかいないといわれています。作り出せる人と作り出せない人の違いは、体内にエクオール産生菌という腸内細菌が存在しているかどうかです。大豆イソフラボンは体内にはいり、エクオール産生菌と反応することでエクオールを生成します。そのため、エクオール産生菌が存在していないと、エクオールを作り出すことができないのです。

体内にエクオール産生菌が存在するかどうかは幼少期の食生活により決まるとされており、自らエクオール産生菌を持つ体質にすることはできないと考えられています。自分の体内にエクオール産生菌が存在するかどうかはエクオール検査で簡単に調べることができます。

検査の結果エクオール産生菌が存在しない場合でも、エクオールサプリメントを利用すれば大豆イソフラボンからではなく直接エクオールを摂取することができます。たとえエクオール産生菌がいる人でも、毎日の食事に必ず大豆食品を取り入れるのは難しい場合もあります。手軽にエクオールを摂取できるとして、更年期障害に悩む女性の間でエクオールサプリメントは話題を集めています。

エクオールサプリメントのなかには「ラクトビオン酸」を配合したサプリメントも販売されており、更年期障害の症状に悩まされているのなら一度試してみてはいかがでしょうか。

Top